スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.09.11 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    epubの作り方|メニュー

    10
    • epub
      2013-08-16 10:27:11

    • epub
      2013-08-16 10:27:09

    • epub
      2013-08-16 10:27:08

    • epub
      2013-08-16 10:27:07

    • epub
      2013-08-16 10:27:07

    • epub
      2013-08-16 10:27:06

    • epub
      2013-08-16 10:27:06

    • epub
      2013-08-16 10:27:06

    • epub
      2013-08-16 10:27:06

    • epub
      2013-08-15 12:27:41

    今後のメニューを掲載します。

    縦書きの不具合について、アマゾンから回答が無いので
    縦書きについては後回しにして、以下のものを順次リアルタイムで製作過程を公開します。


    (1)短編小説(既に説明して出版までしました)
    (2)縦書きの短編小説(後回しにします)
    (3)章立てのある高度な構造化された本(横書き)
    (4)章立て構造の無いが見出しの沢山ある長編の本(横書き)
    (5)画集(カラー)
    (6)漫画
    (7)絵本


    「原稿は普段使っているワープロで作る」と説明しましたので
    私の場合はMac用のpagesを使用します。


    (wordは非常に使いにくいので私は使いません)

    ただ、ここでは「ワープロの使い方」を説明するのが目的ではなく
    epub作成の実際を紹介するのが目的ですのでpagesの機能について全部を網羅する事はしません。

    また、リアルタイムで紹介しますので、後から「修正」や「やり直し」が入る事も想定内としてください。

    本日はここまでです。


    最後までお読み戴き有り難うございました。


    JUGEMテーマ:電子書籍出版

    キンドル原稿の作り方-今後の予定

    4
    • epub
      2013-08-15 12:08:09

    • epub
      2013-08-15 12:08:08

    • epub
      2013-08-15 12:08:07

    • epub
      2013-08-15 12:08:07

    今月(2013年8月)のアクセスが既に9000を越えました。

    予定ではキンドルの縦書き原稿の章立ての無いカンタンなものについて解説する事としていましたが、
    キンドルの表示におかしな所が有り、原因が分かるまで「縦書き」について記事の掲載を停止しています。

    日本のアマゾンには7月8日から何度も経過を問い合わせしていますが、「調査中」という回答ばかりで埒があきません。

    仕方ないので「縦書き」原稿については中断して、「横書き」原稿について実際にキンドル本を出版するまでをリアルタイムで掲載します。

    これは明日からします。


    最後までお読み戴き有り難うございました。



    JUGEMテーマ:電子書籍出版


    アマゾンからの支払いに米国の税金がかかる事について| Form W-8BENの書き方と提出方法

    9
    • epub
      2013-08-15 12:06:04

    • epub
      2013-08-15 12:06:04

    • epub
      2013-08-15 12:06:03

    • epub
      2013-08-06 22:40:45

    • epub
      2013-08-06 22:40:45

    • epub
      2013-08-06 22:40:44

    • epub
      2013-08-06 22:40:44

    • epub
      2013-08-06 22:40:42

    • epub
      2013-08-06 12:09:07

    アメリカのIRSC(Internal Revenue Service Center)からEINが届いたら、次に取得したEINを「フォームW8-BEN」に記入し、米国Amazonへ原本郵送します。


    「フォームW8-BEN」の書き方と提出方法はアマゾンに説明がありますが、訳文の所為で非常に分かり難いのでこちらに解説します。
    ★「フォームW8-BEN」書き方の原本はこちらにあります(英語)
    ★「フォームW8-BEN」はこちらにあります。

    アマゾンにはW-8BENの記入例が掲載されていますが、あれは「法人用」の例ですので、ここには「個人用」の書き方を掲載します。

    ★記入する項目を赤字で書いてありますが、実際は黒色で書いて下さい。
    (1)フォームの右上にキンドル・ダイレクト・パブリッシング(KDP)の「出版者コード」を書くようにとアマゾンが言っています。
    【アカウントに紐付けるために、フォームの上部余白にKDP出版者コードを記入する(出版者コードは、KDPの「アカウント」ページの「よくある質問」の下に表示されます) 】
    出版者コードはKDPにサインインすると、画面右上に「○○○○さんのアカウント」というリンクが表示されますので、そこをクリックすると画面右下に小さく「出版者コード」が書いてあります。
    ※出版者コードはI1が見分けにくいですが、数字の1には上下に飾りの出っ張り【セリフ (serif)】がついています。ただの縦棒なら I(アルファベットのアイ) です。
    (2)3は「個人」ですので Individualにチェックします。
    (3)PART II の9c は、個人の場合はチェックしません。
    (4)Part III は金融取り引きをしている場合の事ですからチェックしません。
    (5)自筆サインします ハンコはいりません そしてサインした日付(月/日/西暦年)米国では 月/日/西暦年 の順に書きます(米国だけのへそ曲がり)
    (6)最後は SELF と書くようです(アマゾンのサンプル)「自身」で申請するという意味です。

    この 署名した原本を下記の住所まで送付するそうです

    Amazon.com
    c/o AP Tax
    PO Box 80683
    Seattle, WA 98108-0683
    USA

    【フォームの受理が完了すると、その旨を通知するEメールが届きます。各月10日までに受理されたフォームは、通常の月末支払いに適用されます。10日を過ぎて受理されたフォームは、翌月の支払いに適用されます。源泉徴収に関する払い戻しはいたしません。 】


    出版者コード(Kindle Publisher Code)を複数持っている人は、全部の出版者コードをこのフォームの上部余白に書き込んで一回の申請で処理できます。

    最後までお読み戴き有り難うございました。

    ■ 追記
    このフォームを米国までEMSで発送すると三日(土日を除く)で配達され、配達されてから三日目にemailで次のような英文の通知がamazon.comから届きました。

    Thank you for submitting your W-8BEN. Your withholding rate is set at 0% and we are retaining the original form on our files. Please remember to submit a new form if your information changes. If you have any questions, please let us know.
    (担当者名前)
    Accounts Payable-Tax


    JUGEMテーマ:電子書籍出版

    アマゾンからの支払いに米国の税金がかかる事について| Form SS-4の書き方と提出方法

    6
    • epub
      2013-07-31 23:32:16

    • epub
      2013-07-31 23:32:16

    • epub
      2013-07-31 23:32:15

    • epub
      2013-07-31 23:32:14

    • epub
      2013-07-31 23:32:13

    • epub
      2013-07-31 09:02:04

    まず最初にForm SS-4 を記入してアメリカのIRSC(Internal Revenue Service Center)に送ります。
    ★目的はEIN(Employer Identification Number)の取得です。

    あなたが日本在住の個人として申請するなら、このように書きます。(法人の場合は別ですが割愛)

    (1)名前は英語のブロック体の大文字で 名 姓 の順に書きます
    (2)日本の住所はローマ字にするとメチャクチャ長いのでスペースをよく見てから書きましょう
    (3)住所の順番は日本で書いている順番と同じで良いです(3-505, 2-chome などとしなくて良い)
    (4)この見本に書いてないところは空欄のままで良いです
    (5)9aは、個人の場合はここにチェックします SSNは米国の社会保障番号ですので、持ってない筈ですから空欄のままにします
    (6)10は、アマゾンの見本のとおりに書きました 
       To obtain a reduction of withholding imposted by section 1441 pursuant to an income tax treaty と書いてあります
    (7)11はビジネスを開始した年月日です 申請する日で良いです 米国では 月/日/西暦年 の順に書きます(米国だけのへそ曲がり)
    (8)16は Publishing としました 出版、です
    (9)自筆サインします ハンコはいりません そしてサインした日付(月/日/西暦年)
    (10)電話番号とFAX番号を国番号から書きます 日本の国番号は81ですので+81 と書き、市外局番の最初のゼロは抜きます 横浜なら045ですので、+81-45-xxxx-xxxxとなります


    書いたら、アメリカのIRSC(Internal Revenue Service Center)にFAX します。
    FAX番号はForm SS-4 に書いてありますが、NTTのひかり電話からFAXする場合は010-1-859-669-5987です。この通りプッシュして下さい。
    FAXが無い場合は郵送するかFAXを買って下さい。シャープのが安くて良いです




    アメリカのIRSC(Internal Revenue Service Center)からはFAXと郵便でEINが送られてくるようです。
    20日ほど待ちましょう。
    2013.8.6 追記:このブログを見て2013年7月30日にアメリカのIRSCにFAXした方は2013年8月6日にEINがFAXで届いたそうです。


    EINが届いたら、次に取得したEINを「フォームW8-BEN」に記入し、米国Amazonへ原本郵送します。

    これについてはまた明日にします。

    最後までお読み戴き有り難うございました。

    JUGEMテーマ:電子書籍出版

    アマゾンからの支払いに米国の税金がかかる事について| 回避方法

    7
    • epub
      2013-07-30 16:08:55

    • epub
      2013-07-30 16:08:53

    • epub
      2013-07-30 16:08:53

    • epub
      2013-07-30 16:08:52

    • epub
      2013-07-30 16:08:52

    • epub
      2013-07-30 16:08:52

    • epub
      2013-07-30 12:19:52

    アマゾンでキンドル本を出版すると、ロイヤリティ(本の価格の70% 又は 35%)が米国のAMZON社から支払われます。

    すると、米国の内国歳入庁 (IRS) (www.irs.gov) によって、ロイヤリティの30%の源泉所得税が差し引かれる事になります。

    ★キンドル本の価格が100円とすると、ロイヤリティが70円(厳密には販売手数料がかかるのでもう少し安い)になり、その30%(21円)が税金として米国で徴収されるので、日本で受け取るのは49円になってしまいます。

    この税金は米国の非居住者(カンタンに言えば日本に住んでる日本人のこと)は払わないようにする事ができます。
    この手続きはこのブログのテーマからは少し離れる話しなので説明しませんでしたが、この手続きが理解できなくて困っている人がたくさんいるらしい事を知りましたので、説明します。

    ★日本のアマゾンの解説のページはこちら「税に関する情報(米国外の著者/出版社様向け)」にありますが、英文を直訳した文章なので非常に分かりづらいです。

    することはカンタンです。この順番通りに、やってください。

    (1)米国のIRS に「フォームSS-4」を提出して米雇用者番号(TIN)を取得する。
       米国のTINには、EIN(Employer Identification Number)とITIN(Individual Taxpayer Identification number)の2種類がありますが、
       アマゾンのロイヤリティ免税目的の為にはEINのほうを取得します。
    (2)取得した EIN を「フォームW-8BEN」に記入して、署名して、フォームの上部余白にKDP出版者コードを記入して、米国Amazonへ原本郵送する。

     これだけです。フォームの受理が完了すると、その旨を通知するEメールがAMAZONから届きます。


     具体的な事は明日にします

    フォームW-8BEN



    JUGEMテーマ:電子書籍出版

    キンドルの表示の不具合について

    12
    • epub
      2013-07-30 17:42:33

    • epub
      2013-07-30 17:42:32

    • epub
      2013-07-30 17:42:31

    • epub
      2013-07-29 09:58:05

    • epub
      2013-07-29 09:58:04

    • epub
      2013-07-28 20:53:46

    • epub
      2013-07-28 20:53:45

    • epub
      2013-07-28 20:53:44

    • epub
      2013-07-28 20:53:43

    • epub
      2013-07-28 20:53:43

    • epub
      2013-07-28 20:53:43

    • epub
      2013-07-26 07:50:01

    前回書きました「作成した.mobiファイルがキンドル端末とiPadとで表示向きが変わってしまう」
    という件について、アマゾンに7月8日に問い合わせしました。

    本日現在「調査中ですが完了していません」という回答のため、
    私の作成方法に原因があるのかどうか、まだ分かりません。

    このため「キンドル本の作成方法の記事」について継続を停止しております事をお知らせ致します。


    JUGEMテーマ:電子書籍出版



    「経済特区自由村」「格闘美神」 黒野伸一著

    1
    • epub
      2013-07-26 07:44:12

    いとこの黒野伸一の新刊×2冊です(2013.7.10発売)

    どうぞよろしくお願い致します。






    EPUB 3の日本語ベーシック基準

    8
    • epub
      2013-08-02 13:16:39

    • epub
      2013-07-26 07:44:22

    • epub
      2013-07-26 07:44:21

    • epub
      2013-07-26 07:44:20

    • epub
      2013-07-09 17:06:41

    • epub
      2013-07-09 17:06:41

    • epub
      2013-07-09 17:06:41

    • epub
      2013-07-09 17:06:40

    先日の第17回 国際電子書籍EXPO (eBooks 2013)に行って、『EPUB 3の日本語ベーシック基準』というものがある事を知りました。
    (知らないでもKindle出版しましたが)

    そのサイトはこちらです。

    ※ 2012年11月以来半年以上更新が無いようです。。。

    『EPUB3における日本語電子書籍ベーシック基準』というPDF書類はこちらにあります。
    ※ 2012/2/10以降、改訂されていないようです。。。

    このブログでは、これらの内容を知らなくてもKindle本を出版できるようになる事を目指していますので、読んで分からなくても問題ありません。


    このブログでは、目的とする本のタイプごとに、製作から出版までをリアルタイムで公開します。
    ★初めてのことを色々やっていますので時間がかかったり、上手く行かなかったりすることも出てくる筈ですが、必ず解決するまでやります。


    前回も書きましたが、wordで「構造化された原稿」を用意するのは高度な技術が必要です。
    私もした事ありますが、難しいです。
    それが職業の人なら覚えても良いですが、あくまで一般人(中学生を想定しています)がKindle本を出版することを目的としていますので、全てを解説するより「目的とする本のタイプに応じたレベルの手順」を何種類も用意して、それだけ読めば分かる、というようにします。

    ■ 目的とする本のタイプの例
    (1)短編小説(既に説明して出版までしました)
    (2)縦書きの短編小説
    (3)章立て構造の無いが見出しの沢山ある長編の本(縦書き・横書き共に)
    (4)章立てのある高度な構造化された本(縦書き・横書き共に)
    (5)画集(カラー)
    (6)漫画
    (7)絵本

    原稿は既に全部あります。(何人もの作者が既に書き終えています)


    順に、解説して行きます。
    本日はここまでです。


    最後までお読み戴き有り難うございました。

    JUGEMテーマ:電子書籍出版

    自分のキンドルに書類を送ってiPadで見る手順

    8
    • epub
      2013-07-09 16:32:46

    • epub
      2013-07-09 16:32:45

    • epub
      2013-07-09 16:32:44

    • epub
      2013-07-09 16:32:43

    • epub
      2013-07-09 16:32:43

    • epub
      2013-07-09 16:32:43

    • epub
      2013-07-08 18:15:55

    • epub
      2013-07-08 18:15:55

    前々回、自分のEPUBファイルをアマゾンにアップロードして キンドルで読めるファイル(.mobiファイル)にして
    Kindle Paperwhiteでプレビューするところまで書きました。


    同じ物をiPadでプレビューする方法を調べていて、キンドル・プリビューワーでiPad(iOS)用のファイルを作るメニューにたどり着きましたがそれをiPadで見る方法がどこにも書いてありません。


    アマゾンに問い合わせしました。

    回答『大変恐れ入りますが、azkファイルの閲覧につきましては、現在JPでは対応しておりませんことをご了承ください。』

    以上です。

    ★iPadでプレビューするのはアマゾン.jpが対応するまでしばらく待ちましょう。


    その代わりに、『自分のキンドルに書類を送ってiPadで見る手順』を知りましたので、それを書きます。
    ★アマゾンのサポートに電話で長々と喋りましたが、やっと理解できました。
    Kindle Paperwhiteを既に持っていて、アマゾンにアカウント登録しているメイルアドレスとパスワードを持っている事が必要です。

    (1)まずアカウント サービス > My Kindleにログインします
    (2)Kindleライブラリが開く筈です。
    ここは「自分の購入したキンドル本」が一覧で見れる場所【ライブラリ】ですが、実はこのライブラリという場所には、自分でパソコンから書類をメールで送る事ができるのです。

    その方法をこれから説明します。

    (3)Kindleアカウントから「端末の管理」をクリックします。
    (4)登録済みのKindleのところに Send-to-Kindle Eメールアドレスというのが表示されています。
      実は、これが【ライブラリ】のメイルアドレスなのです!
      このメイルアドレスに、メールソフトから書類を添付して送れば【ライブラリ】に入ります。メールの件名は不要です。
    (5)送ってみて下さい。
    (6)届かない場合は、パーソナル・ドキュメント設定をクリックします。
      ここに、「承認済みEメールアドレス一覧」というのがあります。
      ここに登録されているメイルアドレスからしか、配達されないようになっている訳です。

    ■ Kindleパーソナル・ドキュメントサービスは、以下の種類のファイルをご利用いただくことができます。(アマゾンの説明=詳しくはこちら

    Microsoft Word (.DOC, .DOCX)
    HTML (.HTML, .HTM)
    RTF (.RTF)
    JPEG (.JPEG, .JPG)
    Kindleフォーマット (.MOBI, .AZW)
    GIF (.GIF)
    PNG (.PNG)
    BMP (.BMP)
    PDF (.PDF)
    TXT (.TXT)

    (7)アマゾンからダウンロードした.mobiファイルをiPadに送る方法は以上ですが、やってみるとKindle Paperwhiteで表示される物とはまったく違う物になってしまいます。(iPadでは目次が違う、縦書きが横書き表示になるetc.)・・・アマゾンが対応するまで待つしかありません。

    (8).docxのファイルを同じように送ってみましたが、こちらは(横書きしか試していませんが)正常に再現されます。
      現状では限定的な範囲で使えるようです。


    ※アメリカのAmazon.comには Send to Kindle というアプリが配布されていますが、これはKindleの登録アカウントの統合(アメリカと日本の両方に登録されている場合)を伴う場合は非常に困難な事になりますので、同じ事はメールでできますので私はSend to Kindle は削除してしまいました。


    こちらにKindleサポートの入り口があります。
    更に詳しい事が必要な方は、どうぞご覧になって下さい。


    最後までお読み戴き有り難うございました。

    JUGEMテーマ:電子書籍出版

    第17回 国際電子出版EXPO (eBooks 2013)に行ってきました

    17
    • epub
      2013-07-26 07:44:39

    • epub
      2013-07-08 14:00:32

    • epub
      2013-07-08 14:00:28

    • epub
      2013-07-08 14:00:27

    • epub
      2013-07-08 14:00:27

    • epub
      2013-07-08 14:00:27

    • epub
      2013-07-05 15:18:47

    • epub
      2013-07-05 15:18:40

    • epub
      2013-07-05 15:18:40

    • epub
      2013-07-05 15:18:39

    • epub
      2013-07-05 15:18:38

    • epub
      2013-07-05 15:18:38

    • epub
      2013-07-05 12:20:23

    • epub
      2013-07-05 12:20:22

    • epub
      2013-07-05 12:20:22

    • epub
      2013-07-05 12:20:21

    • epub
      2013-07-05 12:19:13

    こういうEXPOがあって、しかも17回目というのも知りませんでした。

    会場は東京ビッグサイト


    物凄い人の数でびっくり。本が売れなくて次の媒体を研究しようというビジネス絡みの人でいっぱい。
    なぜビジネス絡みの人ばかり、と分かるかと言うとセミナー会場で(用意された座席の二倍の人が来場してみなさん立ち見!一時間!ツラい!)
    「出版社の方」「本屋さん」「クリエイターの方」「webデザイナーの方」「DTPの方」「印刷関係の方」「自分で出版したいと考えている人」
    を挙手させていましたが、「仕事としてEPUBを研究しないとならない」人がほとんどだからです。

    『作家としてEPUB及び電子書籍の仕組みを知りたい』という人=ほとんどいませんでした。


    セミナーや展示を見学して思ったのは、電子書籍の歴史は既に別のフォーマットの時代から20年だかになるが
    EPUBという国際標準ができてからはまだ日が浅くて、電子書籍が「流通レベル=一般の人がコモディティ(commodity)と認知するレベル」になるにはまだまだ黎明期なのだ、という事です。ただし、この黎明期は長くないでしょう。(すぐに広まるだろうという事です)

    そして、黎明期の特徴として「誰もはっきり未来が分かっていない」様子がよく分かります。

    未来というのは誰にもはっきり分からないものなのは当たり前ですが、電子書籍出版については、コンセンサスのような、「関わっている人がだいたい概ねこの方向だろう」と考えているものが見えていない、という意味です。


    展示物を見ると、「電子書籍を売る」事を目的にしたものが多数あります。
    当然かも知れません。
    しかし、電子書籍で利益を出すストラクチャがあるのか、というと、それはとっても危うい、と思う。

    何故かと言うと、電子書籍は、このブログでも説明しているように、『作る事はタダでもできる』からです。
    何も高額なツールを購入する必要はありません(そういうツールがいろいろ出品されていましたが、要らないと思います)

    いずれ、「EPUBを作る」のは無料になるはずです。(私はそう思っているので最初から無料の方法を紹介しています)
    というより、このブログの方法は、英語圏では多くの人が既に無料で利用している方法なのです。

    EPUB3が縦書き対応になり、日本でもEPUBの普及が加速するだろう、という説明があり、
    だからEPUB3に対応しているかいないかが日本語電子書籍製作ツールには重要、という説明が聞かれましたが

    EPUB3に対応していないということは「作れないという意味ではない」ということが重要です。(セミナーを聞いていて分かりました)

    作れるのです。対応していない、の意味の多くは「ビューワーが縦書きを表示できない」の意味です。
    他には、「ツールがEPUB3専門のコマンドを持っていない」という意味のようです。(実例が何かは紹介されませんでした)
    EPUB3のコマンド(というのか専門用語が分かりませんが)は、html文ですから、自分で書き込めば良いだけです。


    セミナーではword(私は使いにくくて大嫌いですが)で作った原稿をウエブでEPUBに変換する有料のサービスが紹介されていましたが、要するに「何をしているのかはブラックボックス」なのです。

    しょうがない、商売にしようとしているんだから「難しい事は考えなくて良いんですよ」というサービスです。

    私はこれは長続きしないと思う。
    何故かと言うと
    (1)EPUBを作るのは実は難しくない(だからそれを普及させようというのがこのブログの主旨です)
    (2)マイクロソフトのwordで構造化した原稿を準備する事の方が難しい=私はwordでそんなもの作った事がありますが二度とご免です
    (3)無料のツールが既にある

    からです。

    EPUB製作サービスの売り文句に「高品質のEPUBを作ります」というのもあった。
    高品質の意味は「どこでも出版できる」だそうです。

    EPUBは世界標準だから「どこでも出版できる」のは当たり前ではないか?と思ったら
    日本では事情が違うそうです。
    ■ アマゾンのリンクを入れた原稿は受け付けない(他店誘導になるから=自分の本屋ではないから)
    などの、その出版社独自のルール(詳細は一切紹介されませんでしたが=業界内部事情の暴露になるので当たり前か)にも対応する、という意味だそうです。

    バカバカしいと思います。そんな日本のローカル・ルールに縛られて苦労するのは「ユーザー」です。
    なぜ「出版社の都合」に合わせないとならない?
    ユーザーを尊重しないサービスはいりません。
    「日本のどの出版社からでも出版できる」そんな品質に果たして意味があるのか??<<<私は強い疑問を持ちました。



    ということで、私の感想は「EPUB製作はビジネスにはならない」です。
    もう一度念のためにその理由を書きますと
    (1)EPUBは誰でも作れるから
    (2)複雑な原稿はそもそも原稿を作る時点で高スキルを求められる物で有り、そちらの方がハードルが高いから
    (3)EPUBを作るツールは無料で既に存在する(このブログで紹介します)から

    です。



    じゃ、EPUBの未来はどこにあるのか、儲からないのか?

    それは膨大な未来があります。それは以前にも書いたように「誰でも出版できる」という未来です。
    ケータイがコモディティになったように、キンドルがコモデイティになるのです。
    中学生が自分の書いた電子書籍を友達と交換するのが日常のできごとになるのです。


    人が集まる所に必ずビジネスの種はあるものです。

    EPUBを作る、というハードのサービスに注目している人々、それは方向性が間違っている。
    EPUBの作家を作る、それが電子書籍マーケットに於いてもっともちからを注ぐべきことです。

    ★だから私はここでそれをしているのです。



    EPUBの希望の星 作家 秋野みか



    最後までお読み戴き有り難うございました。

    JUGEMテーマ:電子書籍出版



    PR

    カレンダー

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
         

    ■ 弊社最新出版作品

    ■ 弊社出版作品

    この記事

    カテゴリー

    過去の記事

    お薦めリンク集

    筆者紹介

    書いた記事数 : 90
    最新の更新日 : 2018/09/11

    このブログ内検索

    ■ 弊社出版作品

    ■ 弊社出版作品

    その他

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Visitors Counter