【経過報告】iPadのKindleアプリでキンドル本の表示が異なる件について

7
  • epub
    2013-10-31 07:30:38

  • epub
    2013-09-13 09:53:24

  • epub
    2013-09-07 10:29:07

  • epub
    2013-09-07 10:29:06

  • epub
    2013-09-07 10:29:05

  • epub
    2013-09-07 10:29:05

  • epub
    2013-09-07 10:29:05

.mobiファイル(キンドル本)はiPad(Kindleアプリ)ではいくつか表示が異なる事について
アマゾンに問い合わせるとともに、アマゾンのキンドル本の仕様書(Amazon Kindleパブリッシング・ガイドライン)を調べています。

現在判明している症状は次のようなものです。(まだあるかも知れません)
(1)縦書き原稿がiPadでは横書きになる(あくまで「原稿」のほうで、販売されるほうではありません)
(2)「移動」メニューからキンドル端末は目次が表示されるのにiPadでは目次が機能しない(前回指摘しました)


アマゾンの回答によると、
「そのような症状はアマゾンは把握していない」「お客様の原稿について調査中です」(←二ヶ月経ちました)
「iOSデバイスにおいては「移動」で目次一覧が表示されない仕様となっております。この件につきましては、今後の改善点として対応を検討いたします。」(←どこかに書いてあるかと聞きましたが、書いて無いそうです)
ePubとKindle本に使用されるmobi形式は異なるものですので、ePubでの表示がKindle本で再現されるとは限りません。」


epubからmobiには内容がすべて完全に引き継がれるものではない、ということは確かになりました。
どうしたらよいか、週末に調べます。



iPad用アプリ
はキンドル完全互換ではない



最後までお読み戴き有り難うございました。

facebookページを作りました。情報交換の場にします。どうぞご来場下さい。

お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ


JUGEMテーマ:電子書籍出版

pagesで作るepubの目次がKindleに反映されない点について

2
  • epub
    2013-09-05 14:10:20

  • epub
    2013-09-05 13:47:21

pagesで作ったepubファイルは、iBooksで閲覧すると目次機能にまったく問題が無いのに
Kindle用のファイル(.mobi)に変換してKindle端末で閲覧すると目次ページがありません。
※【移動】タブを開くと、pagesで作った目次が出てきます。

      (移動タブを開いたところ)

また、まったく同じ.mobiファイルをiPadのアマゾン製アプリ(Kindle)で閲覧すると【移動】タブには「目次」の文字が灰色になっており
「目次(このタイトルはご利用いただけません)」と表示されます。


iPad用アプリ(Kindle)はこちらから無料でダウンロードできます。


これは、↑iPad用のkindleアプリのバグか、或はキンドルの「目次」の仕様がpagesの仕様と異なるか、
どちらかが原因でしょう。

アマゾンに質問しましたが、回答はこうです。

弊社にて確認いたしましたところ、Kindle端末においても、目次も表示されていないことが分かりました。
お客様のファイルの再確認をお願いいたします。
目次に関しては、下記リンク先の「3.3 目次ガイドライン」をご参照ください。
パブリッシング・ガイドライン>「3.3 目次ガイドライン」


この回答は問題点を正しく理解していませんが(目次はkindleの【移動】タブで表示されるからです)
ガイドラインにある「目次」の仕様と、pagesの「目次」の仕様とが一致していない可能性を示唆しています。

これをこれから確認します。

本日はここまでです。


最後までお読み戴き有り難うございました。

facebookページを作りました。情報交換の場にします。どうぞご来場下さい。

お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ


JUGEMテーマ:電子書籍出版

アマゾン・キンドル本 第4冊目「国際結婚・言語・異文化についての言語学的社会学的考察」を出版しました

18
  • epub
    2013-09-07 10:29:22

  • epub
    2013-09-07 10:29:22

  • epub
    2013-09-05 13:46:41

  • epub
    2013-09-05 11:41:45

  • epub
    2013-09-05 11:41:44

  • epub
    2013-09-05 11:41:43

  • epub
    2013-09-05 11:41:42

  • epub
    2013-09-05 11:41:42

  • epub
    2013-09-04 15:52:42

  • epub
    2013-09-04 15:52:42

  • epub
    2013-09-04 15:52:42

  • epub
    2013-09-04 15:52:41

  • epub
    2013-09-04 15:52:41

  • epub
    2013-09-04 15:52:41

  • epub
    2013-09-04 15:52:41

  • epub
    2013-09-04 15:52:41

  • epub
    2013-09-04 15:52:40

  • epub
    2013-09-04 12:14:02

前回、「前回までに作成したepubにキンドル用の目次を作成してアマゾンに登録するまでを解説します」と書きましたが、
これは誤解でした。

というのは、アマゾンにepubを登録するとオンラインでプレビューができますが、pagesで自動作成した今回のepubファイルをプレビューすると「目次」が画面に表示されず、画面上部の「移動」にも【目次】が無いのです。

このため、今までに出版したキンドル本のようにSigilで「目次」を作成しないといけないのかと考えたのですが、
目次は作ってるのだからあるはず、と思い直してアマゾンから「プレビューファイルをダウンロード」してみました。
方法はこちらです。

これを、自分のキンドルにメールで送ります。方法はこちら

(ファイル形式がmobiなのでiPadにも送れますが、現在はまだKindleと表示が異なる不具合が発生しています)
(2013年7月8日からアマゾンにこの件を問い合わせていますが、いまだに「調査中」とのことです)

送った.mobiファイルは、実際に販売されるキンドル本そのものですので、Kindle端末で見れば最終的にどのように表示されるかが確実に分かります。


メールで.mobiを送ると(宛先はあなたのアマゾンアカウント名@kindle.comです)四分ほどで自分のKindle端末に自動的にダウンロードされてきました。
(あなたのKindleのアマゾンアカウント名を確認する方法はこちら

開いて、「移動」メニューを選ぶと、このように目次が表示されました。


「表紙」もちゃんと表示されます。



【結論】アマゾンのオンラインのプレビューは不完全なので、必ず「プレビューファイルをダウンロード」して、
その.mobiファイルを自分のKindle端末にメールで送信して表示を確認する事をお薦めします。


ということで、既に作ってあるepub原稿がそのまま使える事が分かりましたので、
アマゾンに登録しました。48時間以内に販売開始される筈です。
(アマゾンに登録する方法はこちらにあります)



最後までお読み戴き有り難うございました。

facebookページを作りました。情報交換の場にします。どうぞご来場下さい。

お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ


JUGEMテーマ:電子書籍出版

iPadを接続してもepubファイルがiPadに送れない場合の対処方法

8
  • epub
    2013-09-05 11:44:16

  • epub
    2013-09-05 11:44:15

  • epub
    2013-09-05 11:44:15

  • epub
    2013-09-05 11:44:15

  • epub
    2013-09-05 11:44:14

  • epub
    2013-09-05 11:44:14

  • epub
    2013-09-05 11:44:14

  • epub
    2013-09-03 13:59:45

前回、MacにiPadを接続してもepubファイルがiPadに送れないケースがある事を書きました。

自分のiPadは、自分のMacにUSBで接続した際に「自動で中身を同期する」のがデフォルトになっています。

これは、人によっては「自動的に同期しない」にしている場合があります。
この設定は iTunesのiTunes > 環境設定 > デバイス画面で行なえます。

★自動的に同期しない設定にする理由の一つは「保存しているデータ量が多くてiPadに入り切らないから」です。
★音楽データが膨大な場合は以下の方法で□音楽を同期のチェックを外せば音楽だけ同期しないこともできます。
 (iPadをMacに接続したらiPadをクリックし、ミュージックをクリックすると□音楽を同期 が指定できます)
  

「自動的に同期」は、iPadを接続したとき、に行なわれますので、接続した後には手動でしないと同期しません。

ところが、「自動的に同期しない」にしていると、手動でも同期しないことがあるのです。
★Mac上のiTunesの「ブック」にあるepubファイルをiPadにドラッグしてもコピーが始まりません。
 その場合は、以下の方法で強制的に手動の同期をさせると解決します。

(1)iPadをMacにUSB接続する
(2)iPadをクリックして選択して、上方に表示されるメニューから「ブック」を選ぶ。
(3)□ブックを同期にチェック(デフォルトで入っています)
(4)●選択したブックを選ぶ【ここに表示されるのはMacに入っているブックです】
(5)コピーできなかったブックにチェックを入れます【ここに表示されるのはMacに入っているブックです】
(6)画面右下の「同期」ボタンを押します。
(7)iPadには、今指定したブックだけが表示され、他のブックは削除されます【iPadの「iBooks」で確認できます】
(8)これでepubがコピーできましたので、同じ画面で○すべてのブック を選んでもう一度「同期」ボタンを押します。


以上でiPadを接続してもepubファイルがiPadに送れない場合の対処方法は完了です。

次回は前回までに作成したepubにキンドル用の目次を作成してアマゾンに登録するまでを解説します。





最後までお読み戴き有り難うございました。

facebookページを作りました。情報交換の場にします。どうぞご来場下さい。

お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ


JUGEMテーマ:電子書籍出版

iPad用の外付け用キーボード兼カバー

3
  • epub
    2013-09-05 11:44:42

  • epub
    2013-09-02 12:24:13

  • epub
    2013-09-02 12:23:34

iPadでも原稿を書くようになってから
キーボードが必要になってきました。

いろいろ探して、これを買いました。
LOGICOOL ウルトラスリム キーボードカバー TK710WH

写真です


カバーにもなる優れものです


MacBookを持ち歩く必要が無くなりました。これは便利です。

難点は、日本語の「かな入力」ができず、「ローマ字入力」しか受け付けない事です。

ローマ字入力の方にはお薦めします。


【2013.9.6追記】
かな入力も設定できることが分かりました。訂正します。
iPadの場合は以下がその手順です。
(1)設定 > キーボード > キーボード > 日本語かな:かな入力 > ハードウェアキーボード配列を選択:
(2)「U.S.」と「かな入力」の二つがあるので「かな入力」を選びます【チェックマークが入ります】
(3)fnキーと数字キーの2を同時に押して「日本語かな」を選ぶと、かな入力ができます。コマンドキーとスペースバーを同時に押しても「かな入力」に切り替えられます(Macと同じ)
※ただし、キートップには英字しか書いてないので、かな配列を記憶しているか、自分でキートップを書くかする必要があります。
【追記以上です】


現在価格はこちら



最後までお読み戴き有り難うございました。

facebookページを作りました。情報交換の場にします。どうぞご来場下さい。

お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ


JUGEMテーマ:電子書籍出版

Mac上のepubをiPadに送ってiBooksで閲覧する方法

2
  • epub
    2013-09-01 15:07:09

  • epub
    2013-09-01 15:04:13

前回までで『章立てのある高度な構造化された原稿・縦書き』のepubが作れてしまいました。
カンタンですね!

作ったepubファイルはMac上にこんなアイコンで保存されています。

なんとも味気ないデザインですが、いずれ「共通のアイコン」が作られるでしょう。

これを、iPadに送ります。
★そのまえに重要な手順があります。
 iPadには、買った時にはiBooksというアプリが入っていません。(iPhoneでも同じです)
 iBooksが入っていないと、ネットで電子書籍を購入する時にダウンロードさえ上手く行きません。
 ですので、まずiBooksをiPad(iPhone)にダウンロードしておく必要があります。
 iOS用のiBooksはここからダウンロードします【無料アプリです】

ダウンロードしたら、epubをiPadに送ります。
(1)Mac本体とiPadをUSBケーブルでつなぎます。
(2)Mac側でiTunesを起動します。
(3)こんなウィンドウがひらきます(個人の設定によって違うかも知れません)ので、ブックをクリックします



(4)ブックの画面になると、このような電子書籍一覧になりますので(個人の設定によって中身は違います)


ここに、先ほどの味気ないepubファイルのアイコンをドラッグします。

(5)ドラッグするとpagesで指定した「表紙画像」がアイコンになります。これを接続しているiPadにドラッグすると、epubファイルがiPadにコピーされます。


※コピーは一瞬であっけなく終わります。

※iPadに入ったかどうかは、デバイス>iPadの左側の▶をクリックして▼にしてブックをクリックすると確認できます。


これで、iPadに入りましたのでiPadでiBooksを起動すると、ライブラリの中にこの電子書籍が見える筈です。



ひらくと、このように表紙も目次も生成されています。カンタンです!


以上のように、横書きでルビもいらない原稿であればpagesですべてカンタンにできてしまいます。
これをアマゾンに登録すれば、今日からすぐに販売することもできるのです。
【重要】ただし、pagesで作ったこのepubの目次はiBooksには引き継がれますが、キンドル本に変換するときには無効になってしまい、キンドル本には目次ができません。
    キンドル本にしたときにも目次ができるようにするにはSigilでの作業が必要になります。これについてはいずれ解説します。


■ なお、この他にメールでiPadに送ることはできないか試しましたが
epubファイルは送る事はできてもひらく事ができない仕様になっているので無駄でした。

■ また、iPadを接続してもepubファイルがiPadに送れないケースがあります。それについては次回解説します。






最後までお読み戴き有り難うございました。

facebookページを作りました。情報交換の場にします。どうぞご来場下さい。

お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ


JUGEMテーマ:電子書籍出版

章立てのある高度な構造化された本(横書き)の作り方-5 | pagesをepubに書き出す方法

8
  • epub
    2013-09-01 15:08:00

  • epub
    2013-09-01 00:37:27

  • epub
    2013-09-01 00:37:26

  • epub
    2013-09-01 00:37:25

  • epub
    2013-09-01 00:37:24

  • epub
    2013-09-01 00:37:23

  • epub
    2013-09-01 00:37:22

  • epub
    2013-08-31 18:31:54

実際にやってみて今までに分かっている事は以下のとおりですので
epubに書き出す前に参考にして下さい。

(1)本のタイトルはファイル名と関係なく、書き出す際に自由につけられる
(2)つけたタイトルはepub全ページの右上に表示される
(3)著者名はepubに書き出す際に記入できる
(4)著者名はepub全ページの左上に表示される
(5)pagesで生成した目次はそのままepubにも引き継がれ、(ここが凄い)epubの表示フォントのサイズを変えると実際のページ数が変動するが自動的に目次のリンク先のページ番号も更新される
  【表示フォントを大きくするとページ数が増えるが、目次のページ番号も同時に更新されるのです】
(6)原稿にpagesの目次挿入機能を使用した目次を作った場合は、原稿に「目次」という文字はいらない
  【pagesが書き出すepubファイルに自動的に「目次」というタブが表示されるから】
(7)段落スタイルを「見出し1」に指定した見出しは必ずページの先頭行に来るよう自動的に改ページされる
  【原稿にページ区切りを挿入しておく必要がない】←素晴らしい!


原稿は一ページ目に表紙画像、二ページ目には目次があります。
原稿自体には「本のタイトル」「著者名」は記入しません。
任意で「奥付」を作成して目次に含めても良いでしょう。

そのように原稿ができたら、では書き出してみます。

共有>epub...を選びます。以下のダイアログボックスが出てきます。

タイトル、作成者、ジャンルを指定して、表紙画像がある場合は
□最初のページを表紙イメージとして使用
にチェックを入れて、次へ...を押します。
書き出し先を指定するダイアログボックスが出ますので指定します。

すると以下の警告が出ますが、内容を読んで確認します。(この内容なら問題ありません)


これでepubファイルが生成できました。カンタンです!

次回はこれをiPadに送ってiBooksで閲覧する方法を紹介します。


最後までお読み戴き有り難うございました。

facebookページを作りました。情報交換の場にします。どうぞご来場下さい。

お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ

JUGEMテーマ:電子書籍出版

章立てのある高度な構造化された本(横書き)の作り方-4 | pagesでiCloud上の原稿を編集する際の注意点【重要】

8
  • epub
    2013-08-31 17:57:32

  • epub
    2013-08-30 21:47:41

  • epub
    2013-08-30 14:10:20

  • epub
    2013-08-30 14:10:12

  • epub
    2013-08-30 14:10:11

  • epub
    2013-08-30 14:10:10

  • epub
    2013-08-30 14:10:04

  • epub
    2013-08-30 13:58:50

pages で原稿をiCloudに保存するとMacとiPad両方で編集する事ができて
とても便利という話しを書きましたが、重要な注意点があるので書きます。

それは、同じ原稿をMacとiPadで同時にひらいてはいけない ということです。

(databaseシステムなどではデータの整合性を保つためにひとつのファイルを複数の端末から同時にはひらけないようになっていますが、iCloudはそういう機能になっていないのでひらけてしまいます)

同時にひらくと、同時に編集ができてしまいます。

画面に表示されている原稿は、iCloudにある原稿ではなく、ひらいた時の原稿を表示しているだけです。
これをMacで編集すると、同時にひらいているiPad上の原稿とは別のものになります。
(リアルタイムで両方が更新される訳ではない)

Macで編集を終えて、保存すると、iCloud上の原稿が初めて更新されます。
iPad上の原稿はもとのままです。そのiPad上の原稿をそのまま編集して保存すると、
さっきMacから保存した原稿を「上書き」してしまいます。

図示するとこうです。


ですので、iCloudの原稿は、複数の端末で同時にひらいてはいけません。
間違いが起こらないよう、片方で編集する時は、もう片方のファイルは必ず閉めておきましょう。


次回はpagesの原稿をepubで書き出す方法です。

最後までお読み戴き有り難うございました。

facebookページを作りました。情報交換の場にします。どうぞご来場下さい。

お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ




JUGEMテーマ:電子書籍出版

章立てのある高度な構造化された本(横書き)の作り方-3

6
  • epub
    2013-08-30 14:11:20

  • epub
    2013-08-30 14:11:16

  • epub
    2013-08-30 14:11:09

  • epub
    2013-08-30 14:10:34

  • epub
    2013-08-30 14:10:30

  • epub
    2013-08-28 09:29:22

Pages で原稿を作っていますが、iOSとMac OS X の両方のpagesで同じ原稿を編集すると
不具合が発生する(バグ)事を確認しましたので、ご注意下さい。

それはiOSで一度でもひらくとインスペクタ(表示メニューの中程にある)の「書類項目>目次タブ」が、
すべて英語表示になってしまい、しかもグレイアウト(使用できない)状態になることです。



iOSとMacの両方で編集作業する方はこのことをご注意下さい。Appleにはバグとして確認済みです。修正作業をするそうです。


最後までお読み戴き有り難うございました。

facebookページを作りました。情報交換の場にします。どうぞご来場下さい。

お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ


JUGEMテーマ:電子書籍出版

章立てのある高度な構造化された本(横書き)の作り方-2

8
  • epub
    2013-09-05 11:48:49

  • epub
    2013-09-05 11:48:48

  • epub
    2013-08-24 11:58:14

  • epub
    2013-08-24 11:58:13

  • epub
    2013-08-24 11:58:01

  • epub
    2013-08-24 11:58:00

  • epub
    2013-08-24 11:57:59

  • epub
    2013-08-24 11:54:21

Macのpagesでepubファイルを作ってみます。


pagesでは「縦書き」のepubが作れません。
現在、キンドル本は転送したmobiファイルがiPadで縦書き表示が横書きになってしまう不具合の原因が分からないので
このブログでは先に「横書き」のepubを解説します。
※本件不具合は日本のアマゾンに調査依頼中。


ではpagesです。(iBooks Authorについてはこの次に解説します)

pagesには目次を作る機能があります。その使い方はwordとまったく同じですので
wordの方にも以下の解説は役に立つでしょう。(ただしwordは使いにくいです)

目次は、本文を全部書いてから、最後に作ります。
今回の原稿は「章立てのある高度な構造化された本」ですので、「章」と「見出し」がたくさんあります。
作成したい目次はこのようなものです。


目次の「章」や「見出し」は、本文のその部分に「見出し1」「見出し2」などの「段落スタイル」を指定することによって自動的に目次項目になります。

「段落スタイル」の指定はこのようにします。



カンタンです!

全部の「章」や「見出し」に「段落スタイル」の指定をしたら、
【挿入】メニューから【目次】を選ぶと、その時のカーソル位置にこのように「目次」が表示されます。

この自動生成される「目次」には、自動的に「ページ番号」が生成されます。
このページ数はキンドル本などの電子書籍では文字の表示サイズが可変にできるため(リフロー型レイアウトと言うようです)、電子書籍にしたときには意味がありません。また、この「目次」の各項目の「ページ番号」をクリックすると、該当ページの「見出し」の先頭にジャンプしますが、これがepubに変換したときにどうなるのか、それを次回に確認します。

本日はここまでです。

最後までお読み戴き有り難うございました。

facebookページを作りました。情報交換の場にします。どうぞご来場下さい。

お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ



JUGEMテーマ:電子書籍出版


PR

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
     

■ 弊社最新出版作品

■ 弊社出版作品

この記事

カテゴリー

過去の記事

お薦めリンク集

筆者紹介

書いた記事数 : 73
最新の更新日 : 2018/07/17

このブログ内検索

■ 弊社出版作品

■ 弊社出版作品

その他

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

Visitors Counter