【裁判関係本のレビュー-19】やっぱり!最後は本人訴訟 (Parade books) 単行本(ソフトカバー)- 2014/1/8

0

    JUGEMテーマ:電子書籍出版


    ★☆☆☆☆ 1点

    レビュータイトル:本人訴訟の経験談でもなく、素人丸出しの内容 2016年11月20日

    書名に偽りあり! とまず言いたいですね。
    本人訴訟を経験した本人の著書というから、他では知ることのできない
    体験談、実話、本人訴訟ならではの困難の克服方法、何よりも
    「弁護士不要のマニュアル本」を期待しました。

    そういうこと(弁護士不要のマニュアル)はまったく書かれておらず、しかもこの本自体が115頁しかなく、
    本人訴訟の第一歩である訴状の話が最後の方に数ページだけ、それも
    「訴状の書き方などはネットなどにたくさん情報があるから自分で検索して見てください」
    などと書いている。(80頁)

    じゃ、何が書いてあるのか。前半は「裁判は気合と度胸」(5頁)とか、「なぜ本人訴訟なのか」という
    問いに対しては「なんでも人にやってもらって当たり前という姿勢では何も残りません」(30頁)とか、
    自分の信念の説教です。おまけに自分の経験していないことまで想像で書いているし、弁護士の収入推移など
    そんなこと本人訴訟の何の役にも立たない素人知識を延々と書き連ねている。

    ブログで無料で読む程度で十分の内容だった。

    この本のアマゾンのリンク



    被告の似顔絵
    澤村翔子

    スポンサーサイト

    0
      • 2018.09.11 Tuesday
      • -
      • 15:11
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      カレンダー

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << September 2018 >>
           

      ■ 弊社最新出版作品

      ■ 弊社出版作品

      この記事

      カテゴリー

      過去の記事

      お薦めリンク集

      筆者紹介

      書いた記事数 : 90
      最新の更新日 : 2018/09/11

      このブログ内検索

      ■ 弊社出版作品

      ■ 弊社出版作品

      その他

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      Visitors Counter