スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.09.11 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    【裁判関係本のレビュー-17】本人訴訟ハンドブック―知識ゼロからの裁判所活用術 矢野 輝雄

    0

      JUGEMテーマ:電子書籍出版


      ★★☆☆☆ 2点

      レビュータイトル:素人向けによく整理されているがこれでは勝てない 2016年10月9日

      本人訴訟の原告です。
      来月、控訴審の判決が出るところまで来ました。
      三年半かかりました。そういう時期に読んでみました。

      まず、この方は弁護士ではなくNHK文化センターの講師だった人です。
      ですから、非常によく整理された内容の本を書ける人です。
      既存の「誰でも手にすることができる公開されている資料」を元に、分かりやすい解説書
      (テキスト)を書いています。しかし、裁判を実際にたくさん経験した人、ではないのです。
      そこが最大の弱点。分かりにくい手続きを皆さんに分かりやすく説明してあげよう、という
      善意はよく分かります。しかし実際はそれだけでは勝てません。「裁判の本質」というものが
      この方には経験がないために分かっていないのです。(三年半の裁判を一回経験しただけの私でもそれは分かる)
      それはどういうことかというと、例えば「はじめに」に、いきなりこう書いてあります。

      「古来、裁判の仕組みは、当事者は事実を語り、裁判官が法律を適用するものなのです」

      これは大間違いです!声を大にして言います。信じてはいけない。
      この方はラテン語の格言「汝は事実を語れ、我は法を語らん。」を信じているのです。
      弁護士でもこの格言を信じているような人もいます。しかし実際の裁判はまったくそうではない。
      裁判官はただの「審判」です。自分の裁量で、当事者の主張していない事を判決に書くことは許されていません。
      例えば、原告が「この損害は30万円である」と主張しているのに裁判官が「いやいや、それは法に照らすと安すぎるから
      損害は3000万円と認める」などとは言ってはいけないことになっている。だから「事実」を語れば「適当な法律を当てはめて
      素晴らしい妥当な判決をしてくれる」のではないのです。「主張しないことは判決にかかれない、書いてはいけない」のです。

      だから、弁護士の必要性が出てくるのです。弁護士は「そういう事実があるなら、「人格権を侵害された」と主張しよう」
      「人格権の侵害の賠償額は判例を見るとあなたなら3000万円が相場です」などとアドバイスするのです。素人には
      そんなこと思いつきません。「これが人格権の侵害に該当する」などと、法律の知識なくして思いつくわけがないのです。
      思いつかなければ、当然ですが「主張」もするはずがありません。訴状にそんなことは書かない。書いてなければ
      裁判官は「被告は3000万円払え」などとは絶対に言わない。

      そういう実際の修羅場を経験していない人には、そんなことは本に書けないのです。
      この本はそこがまったく書かれていません。素人向けによく整理されているがこれでは勝てない。
      学生が裁判の流れを整理して理解するには良い本ですが、裁判に勝つヒントは書いてありません。

      この本のアマゾンのリンク



      被告の似顔絵
      澤村翔子

      スポンサーサイト

      0
        • 2018.09.11 Tuesday
        • -
        • 07:23
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        カレンダー

        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << November 2018 >>
             

        ■ 弊社最新出版作品

        ■ 弊社出版作品

        この記事

        カテゴリー

        過去の記事

        お薦めリンク集

        筆者紹介

        書いた記事数 : 90
        最新の更新日 : 2018/09/11

        このブログ内検索

        ■ 弊社出版作品

        ■ 弊社出版作品

        その他

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        Visitors Counter