【裁判関係本のレビュー-9】訴訟の心得 単行本 - 2015/1/28 中村直人 (著)

0

    JUGEMテーマ:電子書籍出版


    ★★★★☆ 4点

    総評:"勝てる裁判"の秘訣が満載、ではない。まさに心得本。

    「訴訟の心得」という本の題名と中身がたいへんよく一致しています。
    対象は企業が当事者となる訴訟の初心者(企業の法務担当とか、訴訟の経験がまだ少ない新米弁護士)だそうで、
    「一般人同士の訴訟は対象としていない」と明言している(はしがき)が、しかしこの本の内容は
    一般人相手の民事訴訟の本人訴訟の初心者(私です)にもたいへん有益な内容でした。

    何故かというと、
    まず、民事訴訟というのはどういう流れになっているか、というのは実はどこにも明文規定がありません。
    『実務上、今はこのようになっている』というものがとても多いのです。
    この本はそういう「どこにもはっきり書かれていないこと」を「現状、自分の経験からはこうなっていると言える」
    という、最新の事情をレポートしてくれたものなのです。これは「今の時点」での有力な情報です。

    たとえば、
    「裁判官の心証形成の段取り」【第1章】には、事件の部外者である裁判官が
    どのように事件を判断するか、というプロセスが筆者の経験上の想像から語られます。
    ここは非常に納得が行きます。「神様でもない裁判官がどうして事件を理解できるのか」という大きな疑問は
    裁判を経験していない人間にはまず最初に浮かぶものです。(裁判がルーチンの人には浮かばないでしょう)
    そこをズバリまず最初に説明してくれます。(詳しくは本書をお読みください)
    「敵(裁判官)を知る」のはまず作戦の第一歩です。本書に書いてある事はとっても納得しました。
    「アレはしなくて良い」「コレはしなくてはいけない」という判断が自分でできるようになるわけです。
    民事訴訟の本人訴訟の方、まずこれは最初に知っておくべきです。無駄な作業をしなくて済みます。

    あとは実際の裁判の流れがカンタンに説明されます。これも、訴訟の初心者にはどこにも明文規定が無くて、
    裁判官に質問すると(裁判官は忙しいので)「詳しい弁護士などに相談してください」と門前払いです。
    (それは仕方のない事ではあるが、それではと「書記官」に質問しに行くと、おかしな事を言う書記官もいるので
    本当に困りました)
    しかし、「証言当日に裁判所ですることリスト」のようなものも丁寧に説明されているけれど、
    それは本来は裁判所が作成して無料で当事者に配布すべきものではないか、と思います。

    裁判を経験しながら(まだ係属中)気がついたことは、日本の裁判の手続きというものは
    どこにも明文規定が無かったり、慣習でそうしているだけだったり、誰も正解をしらないままやっている事だったり
    そういうものが非常に多い、ということです。びっくりします。この本の一部分は、そういうものをカバーしています。
    「誰がそうしろと決めたものではないが私は経験上これが良いと思う」というものが書かれている。
    それはたいへん参考になります。(自分も納得できるものはそれを採用する、ということです)

    ですので「素人の本人訴訟」の方にも、読んで為になる本だと思います。ただしあくまで「心得」であって
    自分の信念や思想形成に糧を与えてくれる本ではありません。実用書としてはこの本の価格は高すぎます。
    なので星は五つにはできませんでした。半額にして、あとは裁判所が無料で公開すべき内容と思います。
    裁判所も是非、頑張って欲しいと思います。

    ■ 書いてから気がつきましたが帯の宣伝文句「"勝てる裁判"の秘訣が満載」はまったく違いますね。
    中身は「心得」です。著者は「勝てる」とはどこにも書いてません。本書にいくつも出てくる「下手な
    弁護士の策略」の見本のような宣伝文句です。

    この本のアマゾンのリンク


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.08.17 Friday
      • -
      • 15:52
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      カレンダー

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << August 2018 >>
           

      ■ 弊社最新出版作品

      ■ 弊社出版作品

      この記事

      カテゴリー

      過去の記事

      お薦めリンク集

      筆者紹介

      書いた記事数 : 83
      最新の更新日 : 2018/08/17

      このブログ内検索

      ■ 弊社出版作品

      ■ 弊社出版作品

      その他

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      Visitors Counter