スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.04.26 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    第18回 国際電子出版EXPO (eBooks 2014)に行ってきました

    2
    • epub
      2014-07-11 10:29:11

    • epub
      2014-07-11 10:09:15

    JUGEMテーマ:電子書籍出版


    2014.7.1 〜7.4 会場は東京ビッグサイト

    去年に続けて、行くのは二度目

    今回は「コンテンツビジネス専門セミナー」というのを聴いてきました。

    タイトルは『制作会社・クリエイターのためのコンテンツ契約の重要ポイントと動向』
    講師は 福井健策 弁護士


    海外の企業とおつきあいするときの国際契約についてのお話 一時間。


    内容は、日本の会社の「契約」についての国際感覚のズレについての警告でした。
    つまるところ日本人は「契約書」というものをまったく重要視していない、基本的に相手の善意を一方的に信じ込んで、なにか予想していなかったトラブルが発生したらそのときに改めて双方で話し合って解決すればよくて最初から事細かにあーだこーだとガチガチに決める必要は無いしそもそもそんなことは時間と労力の無駄、と考えているのだと私は思います(講師がそう言ったのではありません)


    そういう事例は今まで日本人だけ、たくさん見ました。いまだにセミナーなんかでそんな古くからある話をするほど日本人というのは変わっていない=外国企業からいいようにされているということなんだなぁ。いいようにされている事例もお話に出てきましたがあまりに気の毒な話なのでここでは割愛します。


    そもそも日本人には「法律」というものが馴染まない、というのが私の持論です。
    日本人は「法律」というものを文化的に自前のものとして発明しなかった。
    「法律」は輸入したものなのです。
    もともと日本には無いものです。
    だから、使い方も真似でしかないし根本の所では理解していない。

    「契約」という概念もマックス・ヴェーバーによるとキリスト教文化と密接に関係している。
    (そもそもキリスト教徒はゴッドとの契約の上で存在している分けですから=到底理解できませんが)

    もっと知りたい方はこちら




    結論としては「契約書はとっても大事」「必ず国際契約に詳しい弁護士を使ってよーく理解するまでサインするな」でした。別に、詳しい弁護士を雇わなくたって「契約とは何か」を理解していればあとは英語のターム(用語)が分かっていれば良いだけの事なんだけど。(そもそも英語が話せない場合は論外)

    覚えておいた方が良い事を纏めておきます。

    ■ 契約書は先に書式を出した方が絶対的に有利
    ・・・書いた事が無いと相手が見本とか案とかドラフトとか送ってくるのを待つ人がほとんど100%ですが、ダメです。
    このことを講師の弁護士はBattle of Formsと言っていました。

    ■ 途中で交わしたメモ類にもすべて「拘束力」がある
    ・・・講師の弁護士は「すべてに」とは言いませんでしたが、私に言わせれば外国人は「約束」とは命懸けで守るものですから(日本人はあのときはああいったけどそういう意味じゃなかったとかヘーキで言いますから嘘つきと思われるのです)、交渉の途中で交わした「deal memo」とか「Letter of Intent」とかの細かいものまで慎重に扱うことを心掛けるべきです。(後から「あれはナシ」とは言えません=信用が無くなります)
    【MOU(memorandum of understanding)とかLOC(letter of confirmation)に拘束力があるのは当然です】

    ■ 印税方式(royalty)の契約は絶対ダメ
    ・・・利益の15%とか相手は言ってきますが「利益」なんて帳簿上でいくらでも操作できますから(しかもその帳簿は見せる義務は無い)Royaltyという申し出があったらお金は一円も貰えないと思えばよろしい。最低保証金(minimum guarantee)を必ず要求しましょう。(いいですか、相手はあなたの利益なんてひとっつも考えてないんですよ。「お互いにwin-winの関係に」なんて本気で思ってるのは、お人好し+世間知らずの日本人だけです)

    ■ 管轄裁判所は日本にする
    ・・・日本企業の契約書には「問題が起こったら双方誠意をもって解決に努力する」などとおまけが書いてありますが、世界では通用しません。この文は削除します。管轄裁判所もおまけのように書いてありますが、相手は必ず自国の裁判所を指定してきますから、ここはゼッタイに「日本の裁判所」を指定しなければいけません。ゼッタイです。

    ■ 契約はそのとおりするために存在する
    ・・・取り敢えず作って交わして引き出しにしまっとくものじゃないんだよ、ということです。(日本人にはそれができない)


    最後までお読み戴き有り難うございました。

    facebookページを作りました。情報交換の場にします。どうぞご来場下さい。

    お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ




    スポンサーサイト

    0
      • 2015.04.26 Sunday
      • -
      • 10:04
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      PR

      カレンダー

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728   
      << February 2018 >>
           

      ■ 弊社最新出版作品

      ■ 弊社出版作品

      この記事

      カテゴリー

      過去の記事

      お薦めリンク集

      筆者紹介

      書いた記事数 : 67
      最新の更新日 : 2014/12/31

      このブログ内検索

      ■ 弊社出版作品

      ■ 弊社出版作品

      その他

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      Visitors Counter