スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.09.11 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    原稿の作り方(ワープロ)

    8
    • epub
      2013-06-05 15:34:53

    • epub
      2013-06-01 13:03:01

    • epub
      2013-06-01 13:03:00

    • epub
      2013-05-29 17:56:35

    • epub
      2013-05-29 17:56:34

    • epub
      2013-05-29 17:56:34

    • epub
      2013-05-29 17:56:33

    • epub
      2013-05-29 12:49:50

    JUGEMテーマ:電子書籍出版


    kindle本を作る為の原稿は、普通のワープロで書けばよいだけです。
    Macの方はpagesがあります。

    縦書きのkindle本を作るのが目的ですが
    原稿を縦書きで作る必要はありません。一ページあたりの文字数を指定する必要もありません。

    ■ kindle本を縦書きにするには、原稿作成の後、Sigilを使って指定します。
    ■ kindle本は文字の表示サイズが可変にできるため(リフロー型レイアウトと言うようです)、一ページを何文字何行にするのかというワープロの設定は意味がありません。


    また、複数の原稿が別々の文書ファイルになっている場合もあるかも知れませんが、
    『原稿はひとつのファイルで作る』のを基本にして下さい。
    何故かと言うと、『検索・一括置換』が原稿製作上必要になるからです。

    たとえばびっくりマーク「!」が半角か全角かによって、縦書き原稿にした時に英語の一部として扱われるか日本語の一部として扱われるかが変わるのです。英語のテキストは縦書きの本では横に寝ます。びっくりマークが全角「!」だと、日本語のテキストとして縦書きでも「!」で表示されます。ですので日本語の原稿で半角「!」を使っていたら全角に一括変換しなければなりませんが、これが複数のファイルだと(たとえば原稿ファイルが90個あったりすると)大変な作業になってしまいます。

    ですので、『原稿はひとつのファイルで作る』のを基本にして下さい。

    もちろんバックアップは複数取ります。Macのタイムマシン機能を使って下さい。windowsにそんなものがあるかどうかは知りません。


    最後までお読み戴き有り難うございました。

    スポンサーサイト

    0
      • 2018.09.11 Tuesday
      • -
      • 12:45
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      PR

      カレンダー

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>
           

      ■ 弊社最新出版作品

      ■ 弊社出版作品

      この記事

      カテゴリー

      過去の記事

      お薦めリンク集

      筆者紹介

      書いた記事数 : 90
      最新の更新日 : 2018/09/11

      このブログ内検索

      ■ 弊社出版作品

      ■ 弊社出版作品

      その他

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      Visitors Counter